バットディテクタ“BD4066”

BD4066F

Cosy MUTO
Initial released on 25 July, 2007
Revised on 1 March, 2012

English


回路

回路を図1に示します.

BD4066 schematic
図1 BD4066の回路図.PDFファイルはこちら

BD4066の詳細については,エレキジャック,No.3,pp.165-169(July 2007)の拙著記事をご参照下さい.また,同誌ホームページ(ブログ)のサポート・ページ,記事フォローアップも合わせてご参照下さい;

なお,U3に採用したTA7368P/PGは既に保守品扱いで流通在庫のみとなっています. 新規に製作される際は,NJM2073やTDA2822Mのような現行品に置き換えるのがよいと思います(ただし内部回路はTA7368P/PGとまるっきり異なりますので,当該素子のデータシートを参照して下さい).
#その意味では2SC1815も生産終了となってしまい,TO92バッケージの国産トランジスタは現行品としては絶滅してしまいました. 残念な限りです.

探知可能距離は,実績値で30[m]以上あります.

夏休み自由研究の題材・ヒントを提供するバットディテクタ工作教室とコウモリ観察教室についてはこちらをご覧ください.


実装

bd4066ej
図2 エレキジャック誌に掲載したユニバーサル基板版:BD4066ej

試作版の回路は電池ケースも含めてICB-293の上に実装しました(上述のEJ誌サポートページ参照).
ヘッドフォンジャックは接着剤で基板に留めてあります.

ページトップの写真は工作教室バージョンで,基板は外注しました.


2006年10月に北九州学術研究都市で収録したアブラコウモリ8個体の収録音をこちらに置いておきます.


back to home